「一気に全部やろう」で先延ばしに?やるべきことを細切れにすると…

シャワーを浴びようと思って浴室に入ったら、目の前の床が茶色くなっているのが気になった。

前から気になっていたこともあり、洗剤をかけてスポンジと歯ブラシでゴシゴシ……。シャワーの水で流したらキレイになった。ほんの数分の出来事だった。

浴室全体を掃除しようと思うと数十分かかる。だから、「面倒だ」という気持ちが強くて、1か月に1度くらいしか風呂掃除をしない。

ただ、今回のように気になる部分については、シャワーを浴びるついでに掃除するようにしている。排水溝の髪の毛も週に一度くらいは取っている。

こういうちょっとした積み重ねの結果、浴室は綺麗な状態が保たれている(と思う)。

シャワーしか使わない独身男性の風呂場は掃除しなくてもきれいだった
今日は随分と寝てしまったので、罪滅ぼしとして風呂掃除をした。 一か月ぶり?二か月ぶりか?いや、もっとか? 最近は抜け毛が多いので、排水溝の髪の毛はちょくちょくとっていたのだが、それ以外のことは全然していなかった。「風呂掃除しよう...

風呂掃除に限らないが、どんなことでも、一気に全部やろうとすると、どうしても時間がかかる。手間がかかる。そして、「面倒だからやりたくない」という気持ちになる。

ライダーの仕事でもそうだ。

1記事仕上げようと思うと数時間はかかるので、つい「面倒だ」となって、手が止まってしまう。夜に酒を飲んでしまうとなおさらだ。

そういうときは、「とりあえず記事の参考になるサイトだけでも見つけておこう」「画像の加工や入稿は後でもいいので、記事本文だけでも書いておこう」などと、やるべきことを区切ってやることにしている。途中までの作業だが、これをやっておくだけでも、次の日はかなり楽に仕事が捗る。

やるべきことを細切れにして、できるときにやっておくのは、生活でも仕事でも大切なことだ。

家庭教師として生徒たちを指導していると、学校の課題などがやり切れない生徒には共通点がある。一気に全部やろうとすることだ。

後々ワーク提出があって、そのページ数が数十ページになるのがわかっているので、僕は早い段階からワークを何ページかずつ宿題に出していく。

僕の指示通りにワークに取り組んでくれる生徒は、定期テスト前に、ワーク提出のための作業で苦しまない。一方、指示に従わない生徒は、定期テスト前に終わらせるべきワークのページ数を見て、「こんなにやらなきゃならない」と絶望する。絶望するのがわかっているから、僕は前々から声をかけていたのだが……。

僕の指示に従わない生徒たちは「後で一気に全部やればいいや」と思っているようだ。そして、「自分は一気に全部できる」と思い込んでいる。しかし、実際には追い詰められた挙句、やり切れない。もしくは、辛うじてやり切ったとしても、テスト勉強ができずにテスト本番で撃沈する。

人によっては一気に全部やってもやり切れるのかもしれない。しかし、やり切るためには多大な時間と労力が必要となる。「面倒だ」という気持ちが強まって手が止まる。

先延ばし癖は強い人は、こうして自らを追い込んで、場合によっては精神を病んでしまう。

「後で一気に全部やればいいや」ではなく、「これだけでもいいから今やっておこう」に切り替えれば、気持ち的にも、時間的・労力的にも後々楽になるのだが、それがなかなかできない。自分もそういうところがあるので、事情はわからないでもないが……。

繰り返しになるが、やるべきことを細切れにして、できるときにやっておく習慣は大切だ。

というわけで、僕も確定申告の記帳作業をこの時期から始めたい(笑)

タイトルとURLをコピーしました