雑談

「具なしカレー」が美味しい!一人暮らしを充実させる貧乏食のすゝめ

僕は貧乏根性丸出しなので、発泡酒(ビールではない)の銘柄を選ぶときの基準は「景品が付いているかどうか?」だ。 発泡酒の銘柄によって、チキンラーメンや柿ピー、焼き鳥缶、ウェットティッシュ、ハンドタオルなどなど、いろんなものが付いてくる。...
雑談

特化ブログでゴミをまき散らすのではなく、読者を無視した日記を書く

「毎日この日記ブログを更新する」と目標を立て、実際に更新し続けて約半月経った。 日記ブログの方針は「役に立たない文章を書き散らす」だ。Twitterで呟くようなどうでもいいことについて、10ツイート分くらい(約1400字)のまとまった...
雑談

「わからない」への耐性が欠如すると、扇動され、陰謀論を信じ込む

昨日、公立中学の内申制度に関する記事が某メディアで公開され、記事内容について賛否両論が巻き起こっていた。 僕自身は内申制度に否定的な立場を取るものの、「内申点のために先生に媚びを売る必要がある」「先生のお気に入りでなければ評定が良くな...
読書

阿刀田高『鈍色の歳時記』「水ぬるむ」を読む

阿刀田高『鈍色の歳時記』を読んでいる。季語をテーマにした短編集で、全体的にブラックな雰囲気が漂っている。中でも薄気味悪さがぴか一だったのが「水ぬるむ」だ。 ストーリーは、べろんべろんに酔った田伏が夜の砂浜で嘔吐し、それを章三が介抱して...
雑談

畳で寝ると気持ちいい?夏に布団を敷かずに昼寝するメリットを考える

最近は暖かくなってきたので、昼寝のときに畳で寝ることが多くなってきた。 「畳で寝る」とは、畳の上に布団などを敷いて寝ることではなく、畳の上に直に横たわって寝ることだ。夜は布団を敷いて寝る。しかし、昼寝のときは、畳に仰向けに寝て、毛布や...
雑談

孤独死後の遺産はどうなる?三十代後半で「終活」を考える寂しい人生

時々実家に電話をかけると、自分のこれから先の人生を否応なく考えさせられる。 母「期待してないけど、結婚する予定はないんだよね?」 僕「ごめんね、ないんだ……」 母「まあ、結婚しなくてもいいから、自分の好きなように生きなさい...
読書

溺英恵「売れっ子漫画家×うつ病漫画家」第五話を読む

溺英恵先生の創作BLマンガ「売れっ子漫画家×うつ病漫画家」の第五話が公開された。 後に売れっ子漫画家となる上薗純(ペンネーム「望海可純」)が福田矢晴(ペンネーム「古印葵」)のマンガと初めて出会い、感銘を受けるシーンからストーリーは始ま...
雑談

飲み会が嫌いな若者が多い時代に「飲みニケーション」の意義を考える

コロナ禍のせいで飲み会は完全に悪者扱いだ。 もっとも、コロナ禍の前から、「飲み会=飲みニケーション」は多くの若者たちから嫌われていた。「好きでもない職場の人間と飲むのは詰まらない」「自分の時間とお金が奪われて無駄」などと言われ、飲み会...
雑談

PVを稼ぐのに必要なのは、スキルや努力ではなく、ネタの選び方!?

ライターとして取材の仕事をしたり、イベントで撮影した写真をTwitterに投稿したりしてわかったことがある。 自分の書いた記事や写真のPV(ページビュー=ページが何回閲覧されたかを測る指標)がどの程度伸びるかは、何をネタとして選んだか...
読書

阿刀田高『不安な録音器』「ぽっぺんを吹く女」を読む

小学高学年のときに読んだ阿刀田高『不安な録音器』の中でも、「ぽっぺんを吹く女」というタイトルははっきり覚えている。その懐かしさから、『不安な録音器』再読では、「ぽっぺんを吹く女」から読み始めた。 ぽっぺんとは、ガラスでできたおもちゃだ...
タイトルとURLをコピーしました