【尼と地蔵2】「の」の用法?連体修飾格・主格・準体格・同格とは?

【尼と地蔵2】「の」の用法?連体修飾格・主格・準体格・同格とは?

古文の格助詞「の」には、連体修飾格・主格・準体格・同格の用法があります。これらの区別は大学入試でも頻出なので、しっかり区別しましょう。

記事を読む

【尼と地蔵1】敬語の知識から主語や目的語を把握できるって本当?

【尼と地蔵1】敬語の知識から主語や目的語を把握できるって本当?

古文では、敬語の知識から主語や目的語を把握することが大切です。敬語を読解に役立てましょう!古文常識や「せ」の識別についても解説します。

記事を読む

【一条桟敷屋の鬼3】敬語の種類と敬意の方向を正しく理解しよう!

【一条桟敷屋の鬼3】敬語の種類と敬意の方向を正しく理解しよう!

皆さんは、古文の敬語が得意ですか?「敬語がさっぱり分からない」という高校生のために、敬語の種類と敬意の方向について解説します。

記事を読む

【一条桟敷屋の鬼2】形容詞の活用と「なん」の識別を理解しよう!

【一条桟敷屋の鬼2】形容詞の活用と「なん」の識別を理解しよう!

「すさまじかりけるに」や「宿らざりけるとなん」を正しく品詞分解できますか?品詞分解を通して、形容詞の活用や「なん」の識別を学びましょう。

記事を読む

【一条桟敷屋の鬼1】主語を把握して古文を正確に読解しよう!

【一条桟敷屋の鬼1】主語を把握して古文を正確に読解しよう!

『宇治拾遺物語』「一条桟敷屋の鬼の事」を読みながら、主語を把握する練習をしましょう。主語に印をつけたり、スラッシュを入れたりしますよ。

記事を読む

トップへ戻る